マンションを賃貸に出す際に押さえておきたいポイントについて

明確に方向性を決めておくことが大切

明確に方向性を決めておくことが大切 : 自主管理か業者への依頼か : 継続的に賃料収入が得られることが重要

マンション賃貸に出すケースとしては、最初から投資で行う場合と、相続などで自分では使用しないものの所有をした場合があります。
一般的に、出すケースとしては後者が該当し、この場合、売却か賃貸かの判断によって選択されています。
マンションを賃貸に出す際には、最初に理由を整理しておく必要があり、主な内容としては、「なぜ貸すのか」「いつまで貸すのか」「将来自分を含めて家族等が住む予定があるのか」などを上げることができます。
「貸す理由」はそれぞれに違いがあるものの、将来に向けて明確に方向性を決めておくことが大切になります。
貸す場合には、事前に自分で相場の確認をしておくことも大切です。
不動産会社に問合せをする前にネット検索等で相場を把握しておく必要があり、間取りや築年数、立地など類似した物件の情報を集め、賃料はもちろんのこと、敷金・礼金も含めてどのような条件になっているのか把握をしておく必要があります。
賃貸では、賃料は毎月入ることになりますが、収支のバランスを考慮しておくことも大切な作業となります。
ポイントとしては逆ザヤの確認があり、税金、管理費などの支出を含めて利益がでるかどうか十分にシュミレーションを行うことが必要になります。