マンションを賃貸に出す際に押さえておきたいポイントについて

自主管理か業者への依頼か

マンション賃貸では、基本的には、自主管理か業者への依頼かのどちらかで行うことになり、1区画など、数が少なければ自主管理での賃貸も十分に可能となります。
ただし、自主管理の場合には家賃の入金管理から請求書の作成、入居者募集、クレーム・トラブル対応、点検・維持管理、退去に伴う業務、場合によっては滞納された家賃の督促や回収まで自分で行うようになります。
自主管理のメリットは、何といっても管理費が節約できる点にあります。
管理会社に委託料を支払わなくていい分、賃貸におけるコストを削減することができ、当然、得られる収入が多くなります。
反面デメリットもあり、大きな点として、貸すことによって生じる煩雑さがあります。
また、クレーム・トラブルに対しても迅速に対応することが求められ、遅れることで二次クレームにつながってしまうというリスクもあります。
一般的には、管理会社に委託をすることで行われており、判断によっては、監理業務の一部のみを委託するということも選択肢の1つとなります。
委託をする際の重要なポイントとして管理会社の選択があります。

明確に方向性を決めておくことが大切 : 自主管理か業者への依頼か : 継続的に賃料収入が得られることが重要