マンションを賃貸に出す際に押さえておきたいポイントについて

継続的に賃料収入が得られることが重要

明確に方向性を決めておくことが大切 : 自主管理か業者への依頼か : 継続的に賃料収入が得られることが重要

まず、管理会社の選択では第1の条件としては入居率の高さがあります。
賃貸の場合では継続的に賃料収入が得られることが重要なポイントになり、この場合、安定して入居者を見つけられるかどうかがカギになります。
次に仲介部署の有無があります。
管理会社の委託では仲介部署があった方がメリットがあり、入居者探しもスムーズに行うことができます。
また、あることで自分でも入居者募集をすることが可能になり、空室リスクを下げることができるようになります。
業者の選択では、地域密着型が良いのか、それとも大手が良いのかという点もあります。
まず、地域密着型には賃貸物件や立地条件に詳しいというメリットがあり、臨機応変な対応が期待することができます。
一方、社員数など、規模が小さい業者が多く、どうしても少人数による対応になることが難点にあります。
次に大手の場合には、宣伝力が強く、知名度の高さもあるために入居希望者の目に留まりやすいというメリットがあります。
反面対応に遅れが出るなど、迅速性に欠ける点がデメリットとなります。
管理会社への委託では、最初に問合せを行った後に面談をし、その後、正式な契約を結ぶことになります。
業者の選択では面談時も1つのポイントになり、ここでは、担当社員の対応に注目をする必要があります。
丁寧な説明が行われているか、質問などに的確な答えが返ってくるかなどをチェックする必要があり、社内雰囲気も判断材料の1つになります。

マンション 賃貸に出す-賃貸経営博士-